カードの達人が選ぶ!クレジットカードのおすすめ

カードの達人が選ぶ!クレジットカードのおすすめ

クレジットカードを作るなら2枚程度がおすすめ

当サイトはこれからクレジットカードを作りたいという方向けに体験談を元におすすめクレジットカードやクレジットカードについてお話します。

クレジットカードと言うのは今の世の中は一昔前と違って直接クレジットカード会社で発行をしなくとも飛行機会社やデパートなど色々な場所で作成をすることが出来ます。

ですのでクレジットカードは必ずしも1枚だけしか作成できないと言うことはありません。またレストランやショッピングの際に利便性の高いVISAやMasterなど必ずしも各社のカードが提携しているとは限りませんのでその様な観点から考えると2枚位は持っていても良いでしょう。

しかし、あまり作り過ぎてしまうとどのお店でどのカードで支払ったかを忘れてしまい、支払金額が大変になってしまう場合があります。

特にカード会社によっては支払日が異なる場合がありますので金銭的ニコン余裕があり、支払日の管理がしっかりできる人であれば良いですか一般的には2枚が適当な枚数だと思います。

クレジットカード枠は必ずチェック!

だいたいのクレジットカードにはお買い物の時に利用できるショッピング枠と現金を引き出せるキャッシング枠の2つの枠があります。

またそれぞれの利用金額の枠につきましてはクレジットカードを作る前の説明に必ず載っていますので目を通しておきましょう。

特にキャッシング枠については初めにカードを作る時に申請をしていなければキャッシング機能はついていませんので注意しないといけません。

目先のことだけにとらわれてしまいクレジットカードを作ってしまうとショッピング枠の利用限度額が分からないままショッピングをしていると、ある日突然レジで『お客様のご利用限度額を超えておりますのでもうご利用いただけません』と言われ、恥をかいてしまう場合があります。

また契約した時に利用限度額を忘れてしまった時には毎月の請求書にも書いてありますので利用限度額時には現在利用している金額は必ず確認する様にしておきましょう。

クレジットカードを作る際に気を付けたいところ

クレジットカードは非常に便利で時には大きな助けになるアイテムです。便利で助けになるアイテムだからこそ人気があり多くの方が使っているのですが、しかしメリットだけがあるのではなく気を付けたいデメリットもあります。

デメリットによって自分が苦しい状況に立たされてしまう可能性も出ますので、そうならないためにもデメリットを知り危険回避をしてください。

まず大きなデメリットとなるのが返済不可になることです。

クレジットカードは銀行のカードそしてデビットカードとは違い、ローンをするカードの一つです。お金を借りて商品購入をする方法なのがクレジットカードで、この行為が危険となります。

一括払いや分割払いそしてリボルビング払いなど返済方法を選択できるけれども、どの方法も危険があります。お金を借りたら当然返済していかなければいけませんが、自分の支払い能力を超えてしまうことがあります。使いすぎをしてしまい返済能力を超えてしまうと、返済できない可能性が高くなります。

返済できなくなると今後のローンが難しくなりますし、さらに大変な返済をしなければいけない場合も出てきます。返済できなくなるそして今後の人生設計が大きく崩れる可能性があるのがデメリットになるので、できるだけデメリットを少なくして危険回避することが必要です。

・クレジットカードのデメリットをできるだけ小さくするためには

先ほど申し上げたようにクレジットカードの大きなデメリットとなるのが返済不可になる可能性があることです。

返済不可になると今後の人生に大きく影響してきていまい、思うように商品購入ができなくなってきてしまいます。返済不可という事態はクレジットカードを持っていくうえで絶対避けたい自体ですよね。

ではどうすればいいのか?それはお金を管理することです。

お金管理をすることで小さくすることも可能だけれども、しかし支払いをクレジットカード中心にしていれば管理していても使いすぎる可能性が出てきます。お金管理だけでなく、できるだけ使わないようにすることでクレジットカードのメリットは小さくなるけれどもデメリットも小さくなります。

お得をえるのも大事ですがそれよりもデメリットを小さくし危険回避することが大事です。大変な状況にならないためにも十分な危険回避をしていきましょう。

時と場合によってはクレジットカードはリボ払いで

クレジットカードは時には必要としていて、さらに助けになってくれるアイテムなため、多くの方が所有をしています。全ての人がお金に余裕があるのなら返済に関して問題にならなけれども、しかし全ての人がお金に余裕があるわけではありません。お金に余裕がないからこそクレジットカードを使用している人もいらっしゃいます。

もしお金に余裕がないようでしたら一括払いをしていくのではなくてリボ払いを選択することがおすすめです。

リボ払いを毎月一定額の請求しかこなくて、一定額以上使用したとしてもそれ以上の請求はきません。一定額の請求だと、毎月の支払額の変動がないため、管理しやすくそして支払いできなくなる危険性が減ってくれます。

クレジットカードを使用する場合、できるだけ危険性を減らしていくことが必要としているので、払えなくなる危険性を回避するためにもリボ払いがオススメです。

ただし、リボ払いでも全く危険性がないわけではなく、リスクそしてデメリットも存在しているため、良い部分だけでなく悪い部分も把握してから利用してください。

クレジットカードのリボ払いの注意点!

クレジットカードで便利な支払い方法のリボ払いですが、しかし良い点だけでなく危険性もあります。リボ払いを選択する際に良い点だけを見るのではなくて、危険性やデメリットも見なければいけません。ではリボ払いの危険性はどのようになっているのでしょうか。

リボ払いの危険性となるのが、利用できなくなる可能性がある点です。クレジットカードには利用限度額が設定されています。利用限度額に達するとそのカードの使用は支払いするまでできません。

本来限度額までならないように使う必要があり注意していなければいけません。リボ払いの場合、毎月一定額以上の支払いを必要としていません。そこは非常に便利なのですが、しかし一定額以上使った場合、支払いできていない部分は持ち越しされてしまいます。

毎月支払額以上使ってしまうことで、どんどんと支払いできていない部分が溜まるので限度額にたつする可能性が極めて高くなります。

突然使えなくなってしまう可能性があり、万が一の時に使いたくても使えない可能性が出てしまうため、これは危険だと判断が必要です。

リボ払いを選択した場合、できるだけ公共料金等毎月返済が必要な使い方をしないことがオススメですので、使い方によって返済方法を決めるようにしてください。

クレジットカードは即日発行ってしてもらえる?

便利アイテムの一つなのがクレジットカードです。所有していない人にとって、申込をしてすぐに手元に欲しいと感じることがあります。そこで疑問となるのが、クレジットカードは即日発行をしてもらえるのかどうかです。

お金を借りるためのローンカードの多くは即日発行してもらうことができます。ローンカードは可能としているからクレジットカードも同様なのではと感じてしまうけれども、クレジットカードは違います。一番大きな違いとなるのが審査スピードです。

消費者金融のフリーローンは審査が早く即日完了するため、カード発行がその日にできます。しかし、クレジットカードは違い、その会社によってスピードは違っていますが申込をしてその日に審査するわけではありません。翌日以降の審査になることが多く、この時点で即日発行は難しくなります。

さらに消費者金融とは違いクレジットカードはその会社に行って申込することができません。そのため即日審査してもらったとしてもカードを郵送で送らなければいけないため、その日に届けられることがありません。その他にも理由はありますが、クレジットカードの場合はその日に発行は非常に難しいですのでおぼえておきましょう。

なぜ消費者金融のクレジットカードは即日発行ができるのか

クレジットカードは即日発行は非常に難しく、必要なら事前に申込をして必要な時に間に合わせるようにしなければいけません。

基本即日発行は無理なクレジットカードですが、しかし発行してくれる会社によって可能としている場合もあります。どこの会社で申込すると可能になるのかというと、それは消費者金融のクレジットカードです。

消費者金融の中でフリーローンのカードだけでなくクレジットカードも取り扱っている会社があります。消費者金融の審査は早く即日終了してくれるため、クレジットカードでも即日審査終了し発行してくれます。ただし、どんな状況でも即日発行可能なわけではありません。

ローンカードでもそうなのですが、発行できる環境がなければいけません。ネット申込だとその日に融資は振込で可能だけれども、即日フリーローンのカードが手に入るわけではありません。クレジットカードも同様ですので、店舗申込などその場で発行できる環境がないとダメです。

クレジットカードは即日発行可能な場合もあるけれども、しかし状況が整わないとダメですので、基本不可能と考えておくのが一番です。

クレジットカードはなぜ審査が厳しい?

多くの人がクレジットカードを所有している時代で、利用する環境によって必需ともなっています。これからクレジットカードを所有しようかと考えている人にとって気になるのが、所有するための条件です。クレジットカードも他のローン同様で、誰でも所有を可能としているわけではなく、審査に通過しなければ所有ができません。

クレジットカードもローンと同様で一時的にお金を借りる行為をしています。商品購入する際に現金で支払いをするのではなくてクレジットカードで購入すると、カード会社が一時的に支払いすることになります。カード会社が立替をしているので、一時的に借金することになるため、誰でもOKなわけではありません。

信用できる人、借りたお金の返済を可能としている人ではないといいですよとなりませんので、それを調べるために審査が必要です。審査は非常に難しいわけではありません。

また、審査に通るのかそれとも通らないのかは、実際にやってもらわないと分からないのが事実です。不安がある人でもまずは申込をして審査してもらうことがオススメです。

審査が厳しい会社もあれば比較的甘い会社もある事を覚えておこう

クレジットカードは各信販会社が取り扱っているサービスの一つで、その信販会社が審査してOKなのかどうかを判断しています。よく言われていることですが、カード審査で比較的厳しい会社もあれば比較的甘い会社もあります。

なぜ甘い会社もあれば厳しい会社もあるのかというと、それはその会社によって基準が違っている、そして判断材料が違うからです。

カードの審査もローンの審査も基本としている審査に違いがありません。収入や在籍年数、住居状況、そして他のローン状況です。基本部分が一緒なら判断も一緒と感じますが、ここで既に違ってきます。

ある会社では最低年収が200万円程度にしていて違う会社では150万円程度にしています。審査通貨できる最低条件が違ってきてしまうので、会社によって審査に通る場合もあれば通らない場合も出てきます。また、基本部分以外に違う部分を見て判断する会社もあり、違う判断材料が多くなればなるほど厳しくなっていきます。

その人がOKなのかNGなのかはその会社によって違いが出てしまいますので、一つの審査で落ちたとしても諦めず違う会社のカードで審査してもらいましょう。

無職でもクレジットカードは作れる事もある

クレジットカードは働いている人だけでなく、現在無職の人だとしても必要としているアイテムです。無職の人で知りたいのが、仕事をしていなくてもクレジットカードを作れるのかです。

クレジットカードは安定した収入がなけければいけないと感じてしまうことですが、実は違います。無職だとしても作れる可能性があり、実際に無職の人でも作り所有をしています。なぜ作れるのかというと、それは自分の収入だけで判断されているわけではないからです。

クレジットカードの審査では収入や勤続年数なども重要視されているけれども、しかしそれだけが重要なわけではありません。他のローン状況がどうなのかや、住居の状態がどうなのか、そして家族に収入がどうなのかも見ています。無職の人になるとその人には収入がありません。

しかし、他のポイントで問題ないどころか良い状況になっていれば、収入面のマイナスを補うことができます。

さらに家族年収がある程度あることによって、支払いは十分可能と判断されるようになるため、無職だとしても所有を可能としています。ただし、絶対に所有を可能としているわけではありません。

基本不可能としているカード会社もありますので、無職の場合慎重にクレジットカードを選ぶことが必要です。

無職でクレジットカードを作っても返済できなければ意味がない

無職だとしても状況によってクレジットカードを作ることができます。これは無職の人にとって嬉しいことなのですが、ただし収入がある人と同条件で所有できるわけではありません。どうしてもできないことが存在してしまいますので、その点を理解しておかなければいけません。

どのようなことができないのかというと、それはキャッシングです。安心できる人だと判断されたとしても、無職の人はキャッシング枠を取得することが不可能になってしまいます。その理由となるのが総量規制です。

総量規制は年収に対して借り入れできる上限を設定する法律です。この総量規制は全てのローンではなく一部のローンに対して適応されてしまいます。適応されるローンなのが銀行系以外のフリーローンです。

ショッピング枠は目的別ローンなのですが、キャッシング枠はフリーローンです。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制対象となり、年収がない人は借入できない状態となりますので覚えておきましょう。