一般カードとプラチナカードの違い

Home » おすすめのクレジットカード » 一般カードとプラチナカードの違い

一般カードとプラチナカードの違い

クレジットカードには一般カード・ゴールドカード・プラチナカードなど種類がございます。
クレジットカードのプラチナカードとはどんなカードなんでしょうか。
また一般カードとの差はどのようなものでしょうか。

プラチナカードもゴールドカードと同様自分から申し込みが出来るタイプと、クレジットカード会社からのインビテンションが無いと作れないものの2通りがあります。
また年会費も数万円のものから10万円くらいするものまで様々です。
年会費が高額のものはほとんどがインヴィテンションがないと入会できないものが多いです。

プラチナカードといえばコンシェルジュサービスです。
このサービスは秘書、いろいろなことを調べてくれるサービスです。
例えば、旅行に行きたいといえば、旅行を調べてくれたり、病院なども調べてもらうことが出来ます。
なんでもあなたに代わって調べてくれるサービスです。

また空港では空港ラウンジの利用が出来たり、また航空券のアップグレードが出来るプラチナカードや、ホテルのお部屋をアップグレードできるカードなど、付帯サービスがかなり豪華になっております。
また最近ではインヴィテンションが必要だったプラチナカードがインヴィテンションなしで、申し込みをするだけで審査に通ればカードを持つことが出来るように変わって来たカード会社もございます。

プラチナカードはステイタスもかなり高く持っているだけでいろいろな付帯サービスを受けることが出来ます。
年会費が高いので収入などでの審査がありますがクレジットカードをよく使う方には大変良い1枚です。

おすすめのクレジットカード