一般カードとゴールドカードの違い

Home » おすすめのクレジットカード » 一般カードとゴールドカードの違い

一般カードとゴールドカードの違い

クレジットカードには一般のカードとゴールドカードがございます。
一般カードとゴールドカードの違いは何でしょう。
分かりやすく言いますと一般カードよりもゴールドカードの方がポイント還元率が高く、また付帯サービスが豪華になっております。

ゴールドカードになる為にはそのカードにより異なりますが、年間のお買い上げ金額に応じてゴールドカードの案内が届いたり、最初からゴールドカードに申し込むことが出来るもの等がございます。
基本的にゴールドカードは年会費がかかるタイプのものが多いですが、中には年間お買い上げ額のみで年会費無料のままゴールドカードになるタイプのものもございます。

またゴールドカードの付帯サービスの中には空港のラウンジを使えたりしますのでよく空港を利用する仕事の方はとても便利です。
またゴールドカードというステータスもございますね。
そのほかには付帯保険が高額保証や、限度額が高額になります。
そのため大きな買い物もカード払いで購入できるようになります。

ゴールドカードを所持することで見た目でのステータスはもちろんの事、海外旅行をされる方や空港のラウンジなどあらゆるステータスが高いサービスを受けることが出来ます。
またゴールドカードにしてメインカードを絞ることにより、ポイントがたまりやすくなりお得にクレジットカードを使うことが出来るのです。
ゴールドカードを持ちたいと思ったらまずは、自分に合ったカードを探すところから始めましょう。
年会費を払って持つのですから、使いやすい付帯サービスの会社を選びましょう。

おすすめのクレジットカード